2018年5月8日火曜日

第1回仙台七夕カーリング大会in盛岡参加受付しめ切りました。

 7月7日の宮城県カーリング協会主催の第1回仙台七夕カーリング大会in盛岡は,参加申込みが予定数に達しました。
 チームがそろったわけで,充実した,楽しい大会ができるといいなと思います。

2018年5月3日木曜日

TBC ラジオ・ワイドFM放送開始 1 周年記念特別番組 「ダイアローグ」にでました。

 5月1日の練習日に東北放送ラジオに宮城県カーリング協会が音で出演しました。
 音を聞いて何をしているかを当てるクイズです。
 「ダイアローグ」
 5月4日までなら,上のリンクから放送が聞けます。
 2時間20分すぎにクイズを。
 2時間57分すぎに答えを出しています。

 途中のブラシの音はぼく。
 答えのときにストーンを投げたのは加藤さん。
 「カーリングです」と答えたのはともちんです。

 河北新報5月7日夕刊にも記事が出る予定です。

2018年5月1日火曜日

第1回仙台七夕カーリング大会in盛岡


 以下のような大会をすることにしました。
 仙台のリンクで何度か練習した人たちにはデビューするいい機会だと思います。
 盛岡はカーリング専用シート。仙台のワイルドなリンクとちがって,よくすべり,よく曲がる。繊細なショットもできます。
 そして,宮城だけでなく近隣?の方々とガチの勝負で一喜一憂。心踊ります。
 要項をご覧の上,早めの申込みをお願いします。 




第1回仙台七夕カーリング大会in盛岡 開催要項

1.大会名称   第1回仙台七夕カーリング大会in盛岡
2.主催     宮城県カーリング協会
3.日時     平成30年 7月 7日(土)
            9:0011 :00 受付
            9:1520:50 試合
          (12:4013:00 開会式)
           20:5021:00 閉会式
4.会場     みちのくコカ・コーラボトリングリンク
          岩手県盛岡市本宮5-3-3 Tel 019-601-5001
5.参加対象   高校生以上のカーリング愛好者
          1チーム3名以上6名以内(男女不問・男女混成チーム可)
6.チーム数   8チーム
7.競技規則   日本カーリング協会競技規則及び本大会競技規則によります。
          ユニフォーム規定は適用しません。
8.競技方法   トーナメント戦
          1回戦勝者をV(ベガ)ブロック、1回戦敗者をA(アルタイル)ブロックとし、各ブロック3位決定戦まで行う。
          6エンドゲームとし、ランニングタイム80分を経過した時点で次のエンドには入らない。
          同点の場合には代表1名によるDSCによって勝敗を決定する。
          ブロック分けは遠方から参加されるチームへの調整などから、事務局にて事前に決定しますのでご了承ください。1試合目の出場が難しい場合にはできる限り配慮しますので、申し込み用紙の所定の欄に記入をお願いします。
 9.審判     セルフジャッジとします
10.表彰     Vブロック 優勝・準優勝チーム Aブロック 優勝チーム
11.参加料    1チーム 14 ,000円(当日に受付での納入となります)
12.問い合わせ・参加申込  宮城県カーリング協会事務局 E-mailizumity0705@yahoo.co.jp
13.申込締切   平成30年 5月31日(但し定数に達し次第受付を終了します)

          
仙台七夕カーリング大会競技規則

1.試合方法
・試合はすべて6エンド又は90分で行う(10分前コールとし、コール時に進行しているエンドで当該試合は終了とする)。
・審判はセルフジャッジで行う。
・すべての試合において、試合終了時に同点の場合、試合終了後に代表者1名による1投のみのドローショットを行う。それでも勝敗が決しない場合、じゃんけん又はコイントスにより勝敗を決する。
・1回戦の勝者をVegaブロック、敗者をAltairブロックとし、各ブロックの準決勝、決勝及び3位決定戦まで行う。

2.大会規則
 JCA競技規則を適用する。アイスダメージを与えない限りドレスコードは自由とする。

3.その他
・自チームの第1試合前に受付を終了すること。
・各試合開始時に3名以上揃っていることを要する。
・試合開始時刻に3名以上揃わない場合、相手チームに2点を与え、揃い次第、第2エンドより試合を行う。
・15分経過しても3名以上揃わない場合は不戦敗とする。
・勝利チームが試合後のシート清掃を行うこと。
・スキップは試合終了ごとに記録表に記載し、本部まで提出すること。
・試合中のメンバー交替は自由とする。その際、投球順を変更することもできる。但し、当該試合を一度退いた選手は、当該試合に再度出場することはできない。
・試合進行が遅いチームには、相手チームが注意を促してもよいこととする。試合がスムーズに進み、6エンドまで実施できるようお互いに心掛けましょう。

仙台七夕花火大会




2018年4月30日月曜日



盛岡に希望者で練習に行ってきました。
やはり、カーリング専用シートは気持ちがいい。
よく滑り、よく曲がる。

氷をプチプチつぶすような音がして、その後石と石がドコーンとぶつかる、はじめてカーリングをした人は、この音の快さにも驚かれます。

ついつい4時間ぶっ続けでやってしまったら、持病の右足痛が。
ここで、夏に・・・。

明日深夜重大発表します。








2018年4月22日日曜日

羽生結弦リンク設立の願い(カーリング施設併設の)



 4月21日の練習も体験者が20名以上いてたくさん。貸し出し用具もギリギリでした。
 でも,3月から数回来ている人の中には,もうかなり上手になっている人が何人も出てきました。
 今後も継続的にカーリングをしていってもらえるといいなあ。
 さて,練習前に某アナウンサーが。ピョンチャン前にカーリング体験にきてくれて,ピョンチャンでカーリング実況をしてきた人です。
 Tアナウンサーが,羽生君パレードのメインキャスターに。
 そこで,羽生結弦リンク設立の話を出してくれました。
 出演者のみなさんも「できるでしょうね」
 さらに,記者会見でも,羽生君自身が「設備をつくりたい」と言ってくれて,尾木ママが「羽生結弦スケートセンターをつくることが復興」とまで言ってくれました。
 スケートとカーリングの複合施設をつくることは,復興です。

 仙台市長の郡さん,県知事の村井さんなどに本気で検討してほしい。

 復興のシンボルに,イメージアップに,希望になると思います。県民,市民を明るくするために,アイスリンク設立をするのはいいと思います。

 さてさて,5月からは体験の申込みはほとんど来ていません。リピーターの方は,今後も来ていただければいいと思いますが,はじめての体験の方は連絡の上来ていただけると助かります。

2018年4月8日日曜日

朝日新聞に…5月の体験は空いています。

3月に体験に来てくれた朝日新聞さんの記事が先週になって掲載されました。
 非常に好意的な記事です。

 5月の体験は今のところ空いています。
 オリンピックのブームも一段落で,これからは20人とかの団体でなければ,体験をお断りすることはなくなるのではと思っています。