2017年12月5日火曜日

次は2018年1月20日土曜日






次の仙台での練習は来年1月の第3土曜日20日。夜10時からです。
そのころはフルオープンしてるかな。
あ、この施設に隣接した建物がみんな壊されて大丈夫かと思ったら、なんと、大きな病院が作られるとのこと。








今年最後のホーム練習



仙台のリンクは改装がまだ進行中。来るたびにいろいろと変わっています。
今日きたら、観覧スタンドが出来ていました。
そして、奥には、カフェみたいなスペースも。
カーリングの付き添いで来る人にも見やすいかも。









2017年11月19日日曜日

練習から選手権へ


外は寒い。なので、氷のコンディションも良い。

 あと、来週日曜日は、盛岡で宮城県選手権が開催されます。

体験をもとに…,12月16日の練習はありません


某公共放送のスポーツキャスターの人が体験。
最後のゲームでは見事なデリバリーを。
いつかこの体験をもとにカーリング中継とかしてくれたりして。

 この方,11月19日の宮城ローカルの夕方のニュースを読んでい
ました。なんだか不思議な感じです。

 さて,次回は12月5日火曜日20時15分からの練習です。
 そして,12月16日土曜日の練習は仙台では行いません。

2017年11月7日火曜日

改装済

久々のホームグラウンド。
参加者9人。
体験の人もいます。

そこそこ滑りもいい。
体験の人は,最後にはふつうにゲームができていました。見事にドローショット(円の中に止める)も決めてましたよ。

次回は,11月18日土曜日夜10時から。

2017年10月31日火曜日

生涯スポーツとしての仙台カーリング場建設の提案

 盛岡で青森の人と話していたら,青森は60歳以上のカーリング人口がどんどん増えているとのこと。
 カーリングは,瞬発力はいらない。調整力と戦術で強くなれる。
 実際,オータムカーリングは,ぼくたち20歳代主戦の宮城ヤングチームより,宮城の70歳代主戦のチームが上位だった。戦術次第で,ハンデなしで対等の勝負ができる。
 これは,シニア世代にとってはとてもやりがいのあることだ。
 仙台では,練習時間や場所などの問題もあって,シニア世代はぼくもふくめて数人。
 しかし,公立のカーリング場があって,利用料金が低ければ,シニアの需要はかなりあると思える。
 シニアの健康維持のためにも,仙台にカーリング場を建設するというのは,意義あると思うのだけれど,どうだろうか。
 ちなみに,青森は70歳以上は利用料が無料だという。そして,「カーリングができなくなるまではやめない」ということだ。
 
 というわけで,シニア世代にもぴったりの運動,カーリング。
 改装も終わって,次は,11月7日(火)夜8時15分からです。

2017年10月28日土曜日

盛岡オータムカーリング2017へ

 10月最終土日盛岡のオータムカーリング大会へ。
 仙台は,アイスリンクが改装中のため10月は練習できなかったため久しぶりで不安でしたが,なんせ,オジサンのぼく以外はバリッバリッの20代30代の3人。
 ちょっとくらいしょぼくてもスィープで,無理くり伸ばしてくれます。
 しかし,1戦目は,3エンドに5点も決められて負けちゃいました。
 今日はあと2試合。
 明日は1試合プラスアルファ。
 いいドロー決められるといいなあ。