2018年11月10日土曜日


11月6日(火)の練習には14人の参加者が。
10代,20代,30代と,50代のぼく。
はじめて来た男性がカーリング用具を持参で来たので,聞いてみたら
「網走の東京農大でカーリングをしていました」とのこと。
これからも継続的にしていくとのことです。
宮城県カーリングは,また経験者を迎えて,層に厚みが出てきましたよ。

 さて,私事ではございますが,あたらしいシューズを買いました。
 ゴールドラインのクァンタムです。
  宮城はバランスプラスのシューズの人がほとんどです。なので,ちがうのもいいかなと思って買ってしまいました。
 キック力が弱いので,とにかく滑るのがいいと,金属スライダーにしてみました。
 すると,滑る滑る。
 滑りすぎて,ふだんからヨロヨロしてしまいます。
 ヨロヨロしないようにこれから練習です。

 さてさて,次の練習は17日22時より。
 そして,その次の週は盛岡で宮城県選手権です。

 くわしくは,宮城県カーリング協会のフェイスブックのページをご覧ください。
 このブログにもリンクがはってあります。

2018年10月20日土曜日

協会の総会も終わっての練習




  年に一度の協会の総会が行われました。
これからの取り決めや、予算についての話し合い。
  会員もこの春に増えて、活気のある総会となりました。
  総会後に練習。
  写真は、遠く前にある2つのストーンの間に通す練習。
  あれだけ遠くて、狭いとなかなか難しい。

  11月には、盛岡で宮城県選手権があります。
  県代表を決める試合ができそうな感じ。





2018年10月10日水曜日

宮城県カーリング協会2018年総会のお知らせ

 2018年10月20日(土)夜9時より宮城県カーリング協会の総会を行います。
 場所はアイスリンク仙台のリンクの奥のほうのカフェスペースです。
 今後1年の活動方針,活動内容,計画等についての話し合いを行います。
 春にカーリング体験をしてからの会員も増えましたので,新しい人たちの意見,要望等も反映して,充実した活動をしていけるような話し合いになればと思います。
 ふるってご参加ください。
 
 また,総会後,夜10時からはカーリングの練習を行います。
 

2018年10月2日火曜日

体験者も体験卒業者も



10月2日の練習。
体験で2回目の方も。春からはじめて、その後夏場も自主的に盛岡遠征を重ねて、相当な実力になった方も。
秋から本格的なカーリングシーズン。
これからはじめても全然遅くないですよ。
もちろん、ぼくみたいに、健康志向の草カーリングでも。
氷の上は体幹使って気持ちがいい。





2018年9月28日金曜日

次回練習は10 月2日火曜日夜8時15分,そして,新ルールへ

 次回の練習は10月2日火曜日20時15分からです。
 さて,10月からカーリングのルールが変わります。
 これまで,リードの2投ずつは,ハウスに入っていないときははじき出してはいけないルールでした。これでガードを作って,その後の得点へと結びつけたわけです。
 ところが,技術が高いと,このリードのあとの石で多くの石をはじき出すことができます。なので,世界クラスになると,後半は石をはじき出して守るというのが定石でした。
 実際,前半で得点差が大きくなると,逆転はかなり難しくなっていました。
 そこで,10月から先攻のセカンドの1投目まではじきだしてはいけないというルールになります。
 この改訂の意味は,先攻がガードをがっちり作って,得点を多く入れる可能性が増えるということです。
 リードしていても,はじき出しまくって逃げ切るという作戦が難しくなります。
 ゲーム後半に大逆転という展開が起きるのではないかということですが,そうなるのでしょうか。
 ただ,ぼくのような草カーラーの技術では,あんまり関係ないのだと思いますが。

 気温が下がってきて,氷のコンディションも良くなりそう。

2018年9月4日火曜日

シーズンスタート


2018秋のカーリングはじまりました。
今日も新たに体験する方、春から始めた方、古くからやっている方々で氷の上には14人。
しかし、台風の影響でガラスは激しく結露、氷の上も水分ベッタベタでストーンがまったくすべりません。
まるでグリースの上で投げているようです。
ぼくの非力なストーンは半分がせいぜい。
これから冷えてくれば滑るようになるのかな?

でも、それでも氷の上で石を投げるのは爽快。